こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 腕が上がらなくなってきた
  • 腕を動かすと激痛がする
  • 病院に行ったら五十肩と診断された
  • 痛みで着替えがしづらい
  • 夜中に痛みで目が覚めてしまう
  • この四十肩・五十肩を一生付き合う必要があるのか不安

四十肩・五十肩の原因

四十肩・五十肩は肩関節周辺の組織に変性が起こり、生じた炎症によって痛みが起こる「肩関節周囲炎」のことです。おもに40代以降に発症することが多いです。
加齢により肩の関節や靭帯の動きが硬くなり、動きに脆くなるため損傷して痛みを生じます。また上腕部の筋肉と骨をつなぐ腱板が加齢にともない変性し炎症を起こすことも原因となります。

当院での改善法

痛みの強い炎症時はアイシングをおこない、当院独自のフィット療法(電療)を行うことで、早期の炎症軽減を図ります。電療とは端子を患部にあて固定して電気を流すとういうイメージを持たれると思いますが、当院での電療は端子を移動させながら患部周辺の筋肉に電流の流れ、強弱を微調整させ、患部の動きを確認しながらあてていきます。
慢性の症状には、肩、上腕、肋骨、脊椎周囲の筋肉・関節の強張りをとり、下半身からの連動性を高める手技を施し、ストレッチや体操を加え症状の改善に導いていきます。