こんなお悩みございませんか?

  • 病院で坐骨神経痛を診断された
  • ブロック注射を打っているが効果はその時だけで、すぐに元に戻ってしまう
  • 歩いたりするとお尻から足にかけて痺れてくる
  • 整骨院で電気屋マッサージをしてもらっても一向に改善しない
  • 一生坐骨神経痛と付き合っていくしかないと諦めかけている
  • 手術を薦められている

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛は病名ではなく症状です。腰から足を下っていく痛みを特徴とする病状です。坐骨神経はお尻の深い筋肉前方にあり、骨盤の中を通り抜け、足の先に向かって伸びている神経です。坐骨神経は太くて長いため、障害された部位によって原因が変わってきます。さまざまな原因によって坐骨神経が刺激されることに起因する神経痛です。

一般的な症状としては、

  • 太ももの痛み
  • お尻から足にかけて痺れる
  • 立ったり座ったりするとお尻が痺れる
  • 長時間立っているとお尻が痛くなってくる
  • 長時間歩くことが出来ない

このような症状が坐骨神経痛の特徴的なものです。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛はさまざまな原因で引き起こされますが、主に「腰椎疾患」原因としてあります。

  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 脊椎すべり症
  • 梨状筋症候群

当院での改善法

当院ではまず下半身の重心をチェックします。重心差が生じると患部に大きな負担がかかり、神経への刺激を強めるからです。そして、骨盤の歪み、下半身からの筋肉の連動性、筋肉疲労の偏りを改善するためのインナーマッスルマッサージを施します。